Standard

CPH
STANDARD ARTICLECPH
スタンダードアーティクル

CPHでは20年の歴史の中で様々な帽子をデザインしてきましたが、その中でも完成された帽子を定番(スタンダード アーティクル)として展開しています。

形は変えること無く、トレンドやシーズンにより素材や色のバリエーションをご用意しています。それは自分に似合うお気に入りの形を見つけたら何時までも被りたいという帽子ならではのアディテュード。

お気に入りの形が何時でも安心して指名できる帽子として今まで通り、そしてこれからも。

HUNTING

  • 420シリーズ

    全体のボリュームを小振りに抑えて製作した420型ハンチング。天井がフラットで、後ろ三本のダーツにより後頭部からストンと落ちるシルエット。余分なシワが出ないように頭に沿ったパターンが自慢のハンチングです。

    BLACK GRAY

    2021年9月に合皮/BLACKとウール/BLACKが追加予定!

  • 441シリーズ

    ブリム先端が鳥のクチバシの様に薄く反り上がるのが特徴の441型ハンチング。頭部分は6枚のパーツで成形することにより全体に丸みを帯びたシルエットに構成。被り口に付けた別布により、深く安定した被り心地が人気の秘密です。

    BLACK GRAY

    2021年9月にウール/BLACKが追加予定!

  • 464シリーズ

    縦長のシルエットが特徴の464型ハンチング。先端から後頭部まで伸びる曲線の切り替えにより、ブリム先を薄く仕上げ、そこから流れる丸い後部がシンプルに頭にフィットします。左右のボリュームも少ないのでハンチング初心者にお勧めの形です。

    BLACK GRAY

    2021年9月にウール/BLACKが追加予定!

CASQUETTE

  • NEW!
    502シリーズ

    逆さ被りに特化したキャスケットとしてデザインした502型。正面のボリュームをギリギリまで削り、それに合わせて左右のボリュームも削ることによりキャップの様な頭に沿ったシルエットに製作しました。スポーティーでカジュアルなキャスケットの新定番型です。

    BLACK GRAY

    2021年9月にウール/BLACKが追加予定!

  • 510シリーズ

    全体のボリュームを抑えて小振りに製作した510型キャスケット。全体を丸く製作し、短めのブリムを合わせてバランス良く製作しました。癖のないシンプルな形をお探しの方にオススメします。

    BLACK GRAY

    2021年9月にウール/BLACKが追加予定!

  • 521シリーズ

    被り口に厚手の芯を貼った切り替えを入れ、安定した被り心地を狙った521型キャスケット。頭部分を丸く取っていますので、全体のボリュームをベレーの様に横に流したり、前や後に動かして被れるのがポイントです。

    BLACK GRAY

    2021年9月にウール/BLACKが追加予定!

  • 530シリーズ

    CPHのキャスケットの中で最もボリュームのある530型キャスケット。全体のボリュームを頭の片側に撫で付けて非対称に被るのがポイントです。個性的なアイデンティティーを求めてる型にオススメしたい上級者向けキャスケットです。/p> BLACK GRAY

    2021年9月にウール/BLACKが追加予定!

  • 551シリーズ

    頭部分が丸い形になるように製作した551型キャスケット。全体のボリュームを後部に撫でつけて、重心を後ろに持っていく被り方をオススメします。丸く立ち上がったボリューム感は正面から見える切り替えがアクセントになり中性的なソフトな印象が生まれます。

    BLACK GRAY

    2021年9月にウール/BLACKが追加予定!

  • 575シリーズ

    前後に長い大ぶりなシルエットが特徴の575型キャスケット。ブリムは小さめに製作し、両サイドのボリュームを抑えたトラディショナルなメンズテイストに仕上げました。深めな後部は逆さ被りも適しています。

    BLACK GRAY

    2021年9月にウール/BLACKが追加予定!